校務公告 教師 在校生 / 家長 校友  

台北開平餐飲学校

調理界のスターを探し
世界舞台へ進み
台北開平餐飲学校

開平高等学校の調理師科が中華料理の文化を発揚することに志して、1991年に創設されました。本校は、もともと総合的な職業専門高等学校でしたが、年々に学科を削減したり合併したりすることによって、2007年、正式に台北開平餐飲学校に改名しました。

 

開平餐飲学校は、料理が好きな学生に調理の専門知識を学ぶ環境を提供しております。普通の職業技術学校とは異なって、開平餐飲学校は全力的に料理の人文教育を発展し、人文素養が専門技術の厚い根底を強調し、学生たちに自分を受け入れることや人間関係を理解することを助け、料理の夢をかなえることやお客様のニーズを思いやることを励まし、更に極上の食事専門サービスを追究しております。

 

学校の授業は、中華料理組、西洋料理組、製菓技術組に分かれている。食事サービスは必修科目です。理論と実践をともに重んずる。ですから、中華料理屋、西洋料理屋、パン屋を含めている学生実習レストラン「コックの店」を設けて、学生たちに買い入れ、料理の準備、調理、お客様へのサービスなどの実際営業を実習する課程を提供しております。

 

開平高校も学生たちに一年間の校外実習課程を按配しております。各協力ホテルが学校へ面接に来て、合格する学生を採用して、ホテルのコックの弟子になるという形で調理業界を見学する。学校の先生たちは定期的に各ホテルで実習している学生の適応状況を調べに行って、同時に学生たちも定期的に学校へ授業を受けに戻る。

 

開平餐飲学校の学生は二つの大切な活動がある。それは一年生の師と仰ぐ大典と三年生の卒業成果展覧会である。師と仰ぐ大典で、学生たちは中国の調理界の創始者商朝の総理大臣伊尹に敬礼し、伊尹が調理から国の治め方を悟って成功することを学び、調理界のモデルコックにも師と仰ぐ儀式を行い、心を尽くして料理を学習することと中華飲食文化を伝わることを約束する。儀式中、中国古代からの礼式にしたがって、荘厳で盛大である。

 

三年生の卒業成果展覧会で、学生たちは 会を行わなければなりません。父兄と業界の貴賓が誘われて、学生たちがこの三年間に学ぶ専門知識と技術を調べに来る。組を分けて企画を立てることから、入札、執行チームを組み、メニューの設計、買い入れ、調理、会場の整え、番組の按配、貴賓への招待、会場の安全維持などまで、全て学生たちは一手に請合って、充分に調理の専門能力を展開しております。

 

開平餐飲学校は一人一人の学生が開平でのプロ訓練を受けてから、皆が能力あってモテル人になって期待しております。十余年来、開平餐飲学校の学生がいろいろな料理大会でたびたびすばらしい成績を得る。2004年、全国技能大会の北区試合で、西洋料理組、製菓組、食事サービス組の三つのチャンピオンを手に入った。そして、全国大会で製菓組の金牌と西洋料理組の銀牌をもらった。2008年シンガポールで開催される「Food & Hotel Asia (FHA)2008」アジアングルメ展覧会に満点の成績で西洋料理見習いの団体競技のスーパー金メダルを獲得しました。そして、台湾全国技能大会で、西洋料理組と製菓組二つのチャンピオンを手に入りました。開平高校は北台湾の有名な調理学校で、本校から卒業した学生たちが就職表現も優れて、調理業界に大いに受けております。

  學校地址:臺北市 大安區10664 復興南路二段 148巷 24號
服務電話:(02)2755-6939;0973061026;傳真專線:(02)2754-1970
中文版地圖 No.24, Lane148, Sec.2 Fusing S. RD., Da-An District, Taipei, Taiwan
Tel: 886-2-27556939 ; 886-973061026 ; Fax: 886-2-27541970
 
English Ver. Map